8月26日 子ども・若者たちが踏み出した一歩 開催

震災から7年が経過し、当時子どもだった若者たちは、友だちや家族、たくさんのおとなたちの支えを受けながら、震災ことや自分の今とこれからのことを考えています。そして今、そうした子ども・若者たちが新たな一歩を踏み出し始めました。
今回は第一部として、新たな一歩を踏み出した高校生、短大生、留学から帰国した大学生の3人に、その一歩を踏み出したきっかけやその経験が今どのように自分の中で位置づいているのか、そして今後どのようなことをしていきたいか等をお話してもらいます。その後、第二部では登壇者と参加者を交えたワールドカフェを通じて、復興や防災、まちづくりへの新た一歩を子ども・若者がどう踏み出すか、踏み出そうとする彼らを地域がどのように後押しできるか、一緒に考えていきます。

 

20180826チラシ_0801ver.jpg

学童保育スタッフを対象とした連続講座開催について

いつもお世話になっております。

さて、この度一般社団法人「東日本大震災子ども・若者支援センター」では、以下の要領で学童保育スタッフを対象とした連続講座を開催することになりました。

 

1.研修タイトル:学童保育における子ども育て 〜「子どもは宝」の視点から〜

2.研修目的:学童保育に携わるスタッフと発達心理学・心理療法学者が、保護者との連帯を意識した大人同士の安全で創造的な対話の積み重ねから、子どもたちに「今、ここで」「どこに向かって」「具体的に何に取り組むのか?」を伝え、共に働けるようになること。

3.講師:西川 昌弘先生(ご専門:心理療法、前国際基督教大学准教授)
ファシリテーター:足立智昭(宮城学院女子大学)・平野幹雄(東北学院大学)・柴田理瑛(東北福祉大学)

4.日程:下記の日曜日9時から12時

前期 ○5/13、6/17、○7/15、8/19、○9/16 (5 回シリーズ)
後期 ○10/14、11/11、12/16、○1/13、2/17 (5 回シリーズ、前期と同じ内容)

5.会場:
仙台レインホーハウス(上記日程の○のある日曜日) 〒980-0022 宮城県仙台市 青葉区五橋2 丁目1−15
東北福祉大学東口キャンハス(上記日程の○のない日曜日) 〒983-8511 宮城県仙台市宮城野区榴岡2 丁目5 −26(なお、会場は変更される可能性かあります。事前に連絡致します。)

6. その他
各回の具体的なプログラム、お問い合わせ方法等につきましてはフライヤー(学童保育スタッフ研修会案内)をご参照ください。

ホームページ改訂致しました。

2011年9月より、震災復興心理教育臨床センターとして震災後の心の支援を展開してまいりました。この度、一般社団法人格を取得し、東日本大震災子ども・若者支援センターとして再出発する運びとなりました。平成30年2月に開所式をおこない、平成30年度より本格的に事業を開始致します。事業内容は、このホームページで随時お知らせして参ります。引き続き、ご指導ご鞭撻のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

3月31日のEJセンターのお知らせ

春陽の候、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、EJセンターでは、3月31 日(土)午後1時より、西川昌弘先生をお迎えして教育的対話のワークショップを行います。当日は仙台レインボーハウスを会場に行いますので、お誘い合わせの上ご来場ください。

参加費はいずれも無料となっております。

続きを読む

一般社団法人東日本大震災子ども・若者支援センター開所式のお知らせ(2月10日)

春の陽気が待ち遠しい今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

2月10 日(土)午後1時より行われる、一般社団法人東日本大震災子ども・若者支援センター開所式のお知らせをいたします。当日は仙台レインボーハウスを会場に行いますので、お誘い合わせの上ご来場ください。

続きを読む